【少欲知足】今の2倍豊かに暮らせるメソッド〜

コラム
豚の貯金箱

こんにちは!

深田彩人です。

「豊かな暮らし」と聞いて、あなたはどんな生活を思い浮かべますか?

■高級品に囲まれた暮らし?

■自由時間がたくさんある暮らし?

■愛する家族に囲まれた暮らし?

色々な解釈があると思いますが、筆者は「足るを知る」暮らしであると考えています。

「今の生活に満足する暮らし」こそ、”豊かさ” の秘訣なのです。

本記事では、普段から豊かさの追求に励む筆者が、このような考えに至った理由を説明いたします。

「足るを知る」はすべてに適用可能!

数式を書く女性

身の回りを見渡してみてください。

住居、恋人、家族、衣服、仕事・・・

このような環境についての欲望は、上を目指すとキリがありません!

「自分は常にもの足りない気持ちがある」

という方は【環境改善に対する欲求】が強いタイプなのかもしれません。

ところで、あなたの現在の環境はそんなに酷いものなのでしょうか?

「イイところ」もきっと少しはあるはず・・・

その「イイところ」に満足し、感謝してみてください。

不思議と、満ち足りた豊かな心が湧いてきませんか?

【ここでポイント!】

【環境改善に対する欲求を抑える】=【向上心を抑える】ではありません。

「今の環境」に満足し、感謝するようになることで “よりよい環境” が自然と向こうからやってくるのです。

さざ波

恋人・家族にも

「なんであの人は△△してくれないんだ…」

という気持ちをポジティブにチェンジしてみましょう!

↓↓

「あの人は△△だけど、◯◯はイイところ。感謝している」

きっと相手にも「あなたの感謝の気持ち」が伝わり、期待に応えようとしてくれることでしょう。

身の回りのモノにも

身の回りの雑貨

“モノとの向き合い方” をテーマにしている当サイトとしては、真骨頂ですねw

あなたは身の回りに置いてあるモノすべてに対して、

「なぜ、それを所有しているのか」

を説明できますか?

(これが出来ている方は、既に豊かな暮らしを送っていることでしょう)

「なんとなく良さそうだったから買って(そんなに気に入ってないけど)、ずっと使っている」

このような経験はありませんか?

【モノとの向き合い方】が中途半端だと、愛着が湧く由もありません。

きちんと時間をとって向き合い、

■ 好きなら好き

感謝しながら、ずっと使い続ける

■ キライならキライ

きっぱり捨て、お気に入りのモノを探す

というアクションを起こさなければいけません。

↓↓ 【モノとの向き合い方】については以下の記事が参考になります

<不要なモノをきっぱり捨てられる公式

↓↓ 【断捨離】については以下の記事が参考になります

<「整理=捨てる」は本当⁈

ひとりの時間は必ずキープ

山頂に座る女性

家族、モノ、ひいては自分自身とじっくり向き合うには、ひとりの時間が欠かせません。

ちょっと想像してみてください。

あなたが理想とする「豊かな暮らしをしている人」を。

おそらく、ひとりの時間も充実し、楽しく過ごしている人を思い浮かべたのではないでしょうか?

つまり、

【ひとりの時間も大事にする】=【環境・自分自身と向き合うチャンスが増える】

ということです。

忙して時間をなかなか作れないという方も、毎日2〜3分でもいいので試してみてください。

じっくり向き合い、感謝の心を大切に・・・