水垢には “⚪︎⚪︎掃除” がいちばん大切

2020年7月4日
掃除
水栓金具

深田彩人です。

皆さまご存知のとおり、汚れ落としの鉄則は「軽いうちに落とす」です。

そのためには、定期的な「ついた汚れをサッと拭き取る習慣」が必要になりますよね?

これこそ「予防掃除」であり、キレイさを保つ唯一のメソッドです!

「予防掃除ってよく言うけど教えてよ」

「カンタンだったらやってもいい」

本記事ではこのような疑問にズバリお答えします!

そもそも “予防掃除” とは

予防掃除とはこういうことです。

予防掃除 = 「汚れが付いたばかりの一番軽い段階」を中心に掃除を行うスタイル

最初にデメリットをハッキリ言いましょう。

掃除の頻度は増えます

ライちゃん
ライちゃん

えーっ、めんどくさいのはイヤだよ

しかしながら、メリットは偉大かつ絶大です…。

【汚れを毎回ラクに落とせる】
(一回あたりの時間は実際短い)

【ラクに落とせる】
(ちょっと楽しい♪)

【掃除の頻度が高い】
(オールウェイズピカピカ☆)

【水回りがピカピカ】

(あなたの掃除モチベーションが高まる)

【あなたの高い掃除モチベーション】
(家全体にキレイが波及する)

(以下略)

なんとなくイメージしていただけましたか?笑

さあ、もう予防掃除をしない訳にはいきませんね。

さっそく予防掃除のやり方を伝授しますよ!

水回りは使用後、水分を拭き取るべし!

ライちゃん
ライちゃん

苦行かよ!!

最初はそう思うのも無理ありません。

筆者も最初は本気でそう思っていました。

しかしながら、「水回りは使用後、毎回拭き取る必要がある」というゴールデンルールは、今後数十年は覆ることはないでしょう。

※ 「夜間に明かりを灯すには、火を起こさなければならない」という常識が、電球の発明により覆ったようなレベル(←多少言い過ぎかもしれません)

なぜなら水道水は蒸発すると、必ず白いカルキ(ミネラル分)を残すという性質があるためです。

これをほったらかしておくと、汚れがレベルアップし、さらに落とし辛くなっていきます。

でも、安心してください。

人間の持つ環境適応能力を侮ってはなりません。

水回り使用

拭き取る

という流れをずっと続けていると、行うのが当たり前のことになってきます。

逆に行わないと気持ちわるいくらいです(メイクを落とさないまま寝るのと変わりません)。

今日から3日、3ヶ月、3年と3の倍数の法則を信じて実践してみてくださいね!

※ 「3の倍数の法則」・・・禁煙などの苦行において、3日続けるとフっとラクになり、3ヶ月続けるとかなりラクになるという統計データがあるそうです(驚)

掃除の流れをイメージすべし!

難しいことはありません。

ちなみに「拭き道具は水回りのすぐそばに、常にある」ように必ずしましょう。

場所使用道具
シンク厚手の綿ふきん[糸が緻密に編んであるものがオススメ(ドビー織など)]
浴室(床・壁)大判バスタオル(ツルツルした壁面ならばスクイージーが使用できる)
洗面所タオル(鏡・水栓金具はマイクロファイバークロスが効果的)

それでも落ちないときは

そもそも “予防掃除” は「現在の状態以上に汚れを増やさない」ことが目的です。

ですので、

  • 予防掃除を行い始める「最初の段階」
  • 予防掃除を怠り「汚れがガンコになってしまった段階」

では「レベル2以上の掃除」を行う必要があります。

[「汚れが落ちない・・・」まず汚れの正体を知る]の記事はこちら

↓↓【メラミンスポンジの正しい使い方】の記事も参考になります

<ピッカピカ磨きの教室【1限:メラミンスポンジ】

いかがでしたでしょうか?

毎日ほんの数秒〜数分の拭き取りを怠ったために、日々曇った気分で過ごし、取り返しの付かない汚れに達し、数万〜数十万のリフォーム出費となっては悲しすぎますよね?

一方、ピカピカの水回りは【素晴らしく気持ちいいもの】ですよ!

覚えていますか?

まずは3日!!

・予防掃除が「ずっとキレイ」の唯一の道!