キッチンの〇〇はいらないシリーズ:その1

インテリア
便利家電たち

深田彩人です。

キッチンは人気の場所なので、沢山のモノがやってきます。

(洗い物道具・調理器具・調理家電・ペーパー・調味料…)

あなたも今まで「キッチンのモノを減らしてみたい」と思ったことはありませんか?

そこで、本シリーズでは「キッチン内のさまざまのモノ」を減らすアイディアをご紹介します!

「週一回しか使わない調理家電」はいらない

そんなに使わないけど、”あると便利” な調理家電が「これでもかというくらい」発売されています。

(電気圧力鍋・ノンフライヤー・ホットサンドメーカー・ヨーグルトメーカー…)

たしかに一瞬「あると生活変わるかも!」と期待して買ってしまうものの、ほとんど使っていないというご家庭が多いです…

それはそうですよね。

そもそも「便利系調理家電」は、使う機会が少ないのに加えて、

  • 場所をとる
  • 洗い物がたいへん
  • 取り出すのがおっくう
  • 使い方が複雑でめんどくさい

という “デメリットだらけの実態” があるからです。

ハッキリいって「便利系調理家電」は必要ありません。

週一回しか使わないくらいなら “調理済みの商品” を買ってくればいいのです。

電気ポットはいらない

電気ポット

「ほったらかして大丈夫系」の家電は、電気代が馬鹿になりません。

やめられないか、見直す価値があります。

まずは「電気ポット」から。

“常に温まっている” のは便利ですが、果たしてその必要があるでしょうか?

「電気ケトル」に変えましょう。

【電気ケトルのメリット】

  • 必要な量だけ沸かせる
    (ポットにはムリ)
  • 沸騰すると自動でストップする
    (やかんにはムリ)
  • おしゃれ 

魚焼きグリルはいらない

焼き魚

これは「捨てる」とはちょっと違いますが笑

魚焼きグリルは “内部のお掃除” がとにかく大変!

キッチンの “イヤ〜な油臭さ” は魚焼きグリル内からだったなんてことも。

掃除のしやすい「オーブン調理」に変えましょう。

(web上に、たくさんの調理例が掲載されていますよ♪)

炊飯器はいらない

炊飯器も電気ポットと同じく、「ほったらかして大丈夫系」の家電です。

電気代が掛かり続けます。

そもそも、“何時間も炊飯器にいれっぱなしのご飯” っておいしくないですよね?

ここは発想の転換で、

「つくった残りは即冷凍」

「必要なときにレンジで温め食べる」

としてはいかがでしょうか?

ムダな「保温電力」を省くことができます!

調理には「土鍋」を使いましょう。

土鍋
デザインも種類豊富にあります(コチラは三合用)

意外と簡単に、はるかにおいしく炊けるので、きっとビックリすると思いますよ!

(30分火にかけ、20分蒸らすだけ)

水をいれた土鍋
研いだお米に水を入れ、火にかける
炊きあがった玄米
ふっくら玄米が炊けました♪

※ 画像の土鍋はコチラです♪

<「萬古焼 銀峯陶器 菊花 ごはん土鍋」

  • 電気代は節約できるし
  • お米はおいしくなるし

Excelleーnt !!

これぞ「一石二鳥」です!!

【補足】

「ほったらかして大丈夫系」は他に「保温便座」があります。

「便座カバー」を活用しましょう♪

(「保温機能」をオフにしても冷たくない)

いかがでしたでしょうか?

放っておくと、モノはどんどん増えていくばかりです。

ときどき、

「コレ本当に要るのかな?」

と見直す姿勢がGoodですよ!

・キッチンの「不要な便利家電」を見直そう!