ホテルのように “生活感” をなくす3つの方法【断捨離編】

2020年6月20日
インテリア
hotel-image

Good morning! 深田彩人です。

前回に引き続き「生活感をなくす」というテーマを扱っていきます。

↓↓ 前回の記事をまだ観ていない方はコチラ

<ホテルのように “生活感” をなくす3つの方法【収納編】

2. モノの数をへらす

「ウチはモノが多すぎて、手がつけられないんだけど…」

「捨てるのはもったいないし…」

収納に悩みがあるご家庭は非常に多いです。

収納が難しいという考えは、と〜っても理解できます。

しかし、確かな手順をふめば実はカンタンなんです。

その手順とは…

動機づけ」と「ルール」の2つです!

逆にこれさえ身につければ、あなたの片付け力は必ず UP しますのでご安心ください ♪

今回は「動機づけ」の方を説明していきますね。

↓↓ 「ルール」のほうは以下の記事を御覧ください

<「見せるor隠す収納」の使い分けできてますか?

モノが少ない = 生活感がないということ

「生活感のない部屋」はモノが少ない必要があります。

まず、モノが多い部屋のデメリットをあげてみましょう。

  • たくさんのモノで目移りする 
     (気が散る〜)
  • 探しものが大変 
     (え〜と、あれはどこにあったっけ?)
  • 掃除の手間が増える 
     (全部は大変だから、これは放置しよっ)
  • 片付けの手間が増える
     (めんどくさ・・・)
  • モノで空間がどんどん狭くなる 
     (もっと、もっと収納が必要だ!!)

もう十分ですね笑

このような無用な悩みとはきっぱりサヨナラして、憧れのミニマリズムライフを送りたいものです。

(出たミニマリズム)

では一方、憧れのミニマリズムライフを送るとどうなるのでしょうか?

  • 本当に必要なモノしか目に入らない 
    (落ち着く…!)
    (集中できる…!)
  • 探しものがスピーディーに手に取れる
    (〇〇はあの場所ね♪)
  • 毎日の掃除がラク
    (なんだか掃除が楽しくなってきたんだけど笑)
  • 広々空間!!
    (ありがとう、ミニマリズム… 泣!!)

Excelleーnt !!

どうですか?

モノが少ないと、毎日が楽しくなってなってきそうですよね!

モノを少なくしたいというこの願望をもつことが大事です。

このマインドがしっかり構築できていないと、ブレてしまいます。


大丈夫。メリットをよく理解すれば、自然とマインドが変化してきますよ。


ここで、押しの一手!

「場所代」という考え方を持ってみてください。

賃貸にせよ、持ち家にせよ、あなたは一定の空間(◯㎡)を所有するために、毎月◯千円かのお金を払っているとイメージしましょう。

(実際そういうこと)

ずっと使っていないモノの場所代として、毎月◯千円ものお金を払うのはナンセンスですよね? 

レンタルクローゼットに預けっぱなしの状態です…。

とっとと解約してしまいましょう!

つまり、そのモノには退いてもらうのです。

そうすれば、あなたは無駄金を払うことなく、本来の空間を味わうことができます。

その本来の空間はあなたのものです・・・

↓↓ 「それでも捨てられない…」という方には以下の記事が参考になります

<「整理=捨てる」は本当⁈

↓↓ 断捨離の “さらなる押しの一手” には以下の記事が参考になります

<不要なモノをきっぱり捨てられる公式

↓↓ 本記事の続きはコチラ

<ホテルのように “生活感” をなくす【カラーコディネート編】

・モノを減らすには「動機づけ」「技術」の2つが必要!

・モノが少ないメリットを頭に焼き付けよう!

今日も一日ビューティフル!