【洗えるスリッパ】本気で選びました

コラム

ルームシューズたち

こんにちは!

深田彩人です。

あなたは本気でスリッパを選んだ事があるでしょうか?

(ルームシューズというのもありますね)

選ぶポイントはたくさんあります。

●おしゃれなデザイン

●気持ちいい履き心地

●洗うのが面倒くさくないか

筆者はかつて【本気で快適なスリッパ】を探し求めました・・・

そして、とうとう「コレが一番!」というスリッパを見つけたのです!!!!

※ 床に皮脂汚れをベトベトつけないためにも、スリッパは履くべし

本記事では【ルームシューズ(ユニクロ)】がオススメな理由、また【スリッパのお手入れ法】を紹介します!

スリッパの素材は何がいい?

1.ビニール製

↓ 「柔らかくて履き心地の良いスリッパ」(ニトリ)740円(税別)

※ ビニール製はコレが一番でした

ニトリのビニールスリッパ

「ビニールスリッパ」はトイレ用としてよく売られていますよね。

ビニール製のメリット・デメリットを見てみましょう。

【メリット】

● 汚れが染み付かないのでキレイが保てる

ビニールとはプラスチックの一種です。

プラスチックって表面に汚れがついてもサッと拭き取れますよね?

(内部に汚れが染み込みにくい)

だから【ビニール製スリッパ】は水拭きor洗剤拭きだけで、キレイが保てるのです。

ライちゃん
ライちゃん

そうじがラクなのはすてがたい…

【デメリット】

● チープ感が否めない

ビニール製ってどうしても安っぽく見えてしまいます…

● ジメジメする

ビニールは水分を通さないので当然 “汗” も通しません。

(布製なら汗を吸放湿してくれる)

だから、いつまでも「足の裏に汗が残っている」わけです。

このように【メリット・デメリット】ありますが、大事なのは使い場所の見極め。

トイレには「ビニール製スリッパ」が必須です。

なぜなら、細菌がたくさん居るためマメな掃除が欠かせないからです。

それに、トイレのスリッパは長時間履くわけではないので “汗を吸わない” スリッパでぜんぜんOKですよね笑

2.革製

モロッコ伝統の「バブーシュ」等がそうです。

↓ こういうの

皮革自体は、洗えるには洗えるのですが、たいてい装飾がついているため「洗濯機で脱水」ができません。

(写真のバブーシュ、ベルト、腕時計など)

「洗濯機で脱水」をしないと、当然いつまでも乾かず、雑菌が繁殖します。

だから皮革製品には「洗濯不可」の表示があるのです。

ちなみにここでいう革とは “本皮”のことです。

“合成皮革” ではありません。

(合成皮革はビニール、つまりプラスチック!)

3.ファブリック製

ファブリック製スリッパ

ファブリック(布)製スリッパは “普段使い” 用としてメジャーですよね。

理由は前述のとおり、汗を吸放湿してくれるからです。

ところでファブリックスリッパにも、底のタイプが様々あります。

底もファブリックタイプ

↓ 底も布で出来ている

底がファブリックになっている

表面が “ツルツルでないもの” はファブリック製です。

(最近はコレが一番多い)

このタイプはオススメしません!

汚れが溜まりやすいうえ、洗ってもなかなか落ちないからです。

底はビニールタイプ

↓ 底だけビニールが貼ってある

ビニール貼りのファブリックスリッパ

このタイプは表面がツルツルです。

ビニールなので汚れがつかないメリットが!

ただし、決定的な弱点があります。

それは・・・

「洗濯不可」表示があること!

これは困りますよね?!

「ファブリック側」は汗が染み込むので、バシャバシャ洗いたいじゃないですか。

革命(?)タイプ

ルームシューズ(赤)

ルームシューズ(ユニクロ)です!

(スリッパに限らず、室内で履くものがルームシューズと呼ばれているそうな)

コレの何がイイかって、

ビニールとファブリックのイイとこ取り

してるんです!!

↓ 中はこんなかんじ

ルームシューズの中

表面・中はファブリックで汗を吸い取る素材です。

さらに、低反発インソール入りなので、歩くたびにフワッフワ感が心地いい

↓ 底は薄いビニールが貼ってある

一見「底はビニールタイプ」と同じですが、このルームシューズには “縫い目” がありません

また、一般的に「底はビニールタイプ」は踏み心地が “固い” のですが、これはフニャフニャしてます

それが理由かはちょっと分からないのですが(スミマセン)、

なんと「手洗い可」表示がついています!

Excelleーnt !!

筆者が◯十足とスリッパを探し求めた中で、

「底(ビニール)×本体(ファブリック)×洗濯可」

を満たすのは「ルームシューズ(ユニクロ)」だけでした(泣)

これで、

●底(ビニール)→ 汚れが落ちやすい!

●本体(ファブリック)→ ジメジメしない!

●洗濯可 → お手入れがラク!

三拍子揃ったスバラシすぎるスリッパが見つかりました♪

※ 夏だけはコレだと暑いので「底もファブリックタイプ」がいいです

スリッパのお手入れ

最後にスリッパの【オススメお手入れ法】をご紹介します。

洗濯は洗濯機でやっちゃう

ホントは「手洗い表示」なのですが、洗濯機でもイケます。

(筆者は1年以上、洗濯機洗いでやってます)

↓ まずは底の汚れ落としから

(小さなゴミや髪の毛がたくさん)

スリッパの底

↓ 掃除機のハードブラシで汚れをとる

ハードブラシ(掃除機)

↓ キレイになりました

キレイになった底

↓ 洗濯ネットに入れて洗濯機へ

洗濯ネットに入れた

【ここでポイント!】

ファブリックを傷めないよう、写真のような向きで入れましょう

(小さめのネットだとスリッパの向きが固定されGood)

↓ 乾きにくいので夏以外はシューズドライヤーで乾燥

シューズドライヤーで乾燥

毛玉クリーナーを使う

毛玉の目立つスリッパ

スリッパの表面に毛玉が目立つようになったら【毛玉クリーナー】を使いましょう!

↓ こういうの

これでスリッパのお手入れは完璧です!

いかがでしたでしょうか?

スリッパは毎日履くモノ。

踏み心地がよく、清潔なモノがいいですよね…。

ぜひユニクロのルームシューズを試してみてくださいね!!

・スリッパは本気でこだわる!