決定版「クエン酸水の作り方」

2020年7月1日
掃除
スプレーボトル

深田彩人です。

本記事は「クエン酸水」の作り方を紹介します・・・が。

最初に言っておきます。

まず「クエン酸で落ちるレベルの汚れ」を知ることが大事です!

水回りの汚れは多くの人が苦手としているため、かなり汚れが進行している場合が多いです。

ところが、かなり進行した水垢汚れはクエン酸ではとれません!

こちらの記事で落とし方を紹介しています → 「汚れが落ちない・・・」汚れの正体を知る:その2

クエン酸が効果的な「弱アルカリ性の汚れ」のみ、クエン酸で対処することになります。

クエン酸水の作り方

用意するもの

  • 水・・・200ml
  • クエン酸・・・小さじ1

これらをスプレーボトルに入れ、混ぜて出来上がり!

スプレーボトルは小さめがオススメです。

(記事内の画像に写っている「200mlボトル」はカインズで売ってます♪)

小さいので取り扱いやすく、クエン酸水の鮮度維持効果もあります。

普段使いのコツ

設置場所

水回り1カ所につき、1つのボトルを設置しましょう。

ボトルを取り出す手間がなくなるので、こまめな掃除がしやすくなります!

使用頻度

自分なりにルールを決めると習慣化しやすいです。

シンク、浴室などを「5回利用したら1回クエン酸拭き」など。

掃除のやり方

クエン酸水をシュッと吹付け、3分ほど放置し、拭き上げます。

ピッカピカの鏡にするためには「水拭き」→「乾拭き」の流れが必要です。

(乾拭きだけだと少し白い跡が残る)


※ ピッカピカの鏡は “美” になくてはならないものですね!(←重要)

洗面ボウル、浴槽などの “元の素材がが白い箇所” は乾拭きだけでも正直、目立ちません。

ボトルのお手入れ

ボトルが空になり、入れ替えるタイミングで必ずお手入れを行いましょう。

1. 40℃くらいの「ぬるま湯」をボトルに注ぎ、シャカシャカすすぐ

2. 40℃くらいの「ぬるま湯」をシュッシュする

管内の固化したクエン酸水を落とします。

3. 噴射口をブラシでこする

よく “液の出が悪くなる” のでその対策です。

いかがでしたでしょうか?

「クエン酸水」は今後ずっと、せいかつビガクを追求するあなたの必需品となるアイテムです。

作り方を忘れてしまったら、いつでも当記事を参照してくださいね♪

・「クエン酸水」を常備しよう!