百均でエアコン室外機を省エネ仕様に!?

2020年7月14日
コラム
省エネ仕様室外機

深田彩人です。

エアコンが活躍する季節、電気代が気になりますよね。

本記事では、百均商品のみで出来る、手軽な省エネDIYをご紹介します!

【必要なモノ】

  • 30分程度の時間
  • ¥330(税込)

なぜ省エネになるのか?

そもそも室外機は冷房時「放熱(=熱を外部に吐き出す)」する働きをしています。

ところが、室外機自体が “熱” をもってしまうと、この “放熱” が効率的に行えません。

その結果、「室内がなかなか涼しくならない」現象がおきたり、余計に運転を強いてコストがかさんだりします。

つまり、室外機の役割を十分果たせる環境をつくることが、省エネに繋がるわけです!

ところで本記事のやり方では、室外機の【水平面】を【アルミ】で覆っています。

まずこの理由をご説明しましょう。

【なぜ水平面?】

水平面は東・西・南・北ふくめて、一年でのトータル日射量はトップです。

特に夏においては「夏の西日」の3倍もの日射量があります。

そのため、水平面の断熱を行うことが最も大事なのです。

【なぜアルミ?】

アルミが「赤外線をよく反射する金属」だからです。

赤外線=熱ととらえてください。

※ 車のサンシェードもアルミですし、災害時に体温を保つため、アルミ製ブランケットが使われたりしているのもこのため

加えてアルミは耐候性(=紫外線や風雨にどれだけ耐えられるかということ)にも非常に優れていますので、メンテナンスがとっても楽チン♪

※ だから窓ガラスのサッシもアルミ製が多い

あなたの家の室外機をチェック!

室外機に対して “絶対にやってはいけないこと” があります。

(ファンに指を入れる以外で)

それは「室外機の前にモノを置く」ことです(←熱を送り出せなくなります)

また、室外機がブサイクだからといって、オサレな室外機カバーで覆ってはいませんか?

室外機がかわいそうなうえ、放熱を妨げますので省エネのためにはやめたほうがいいです。

用意するモノ

  • 「アルミ保温シート」(セリア)※ダイソーでも確認
  • 「超強力マグネットミニ」(ダイソー)※セリアでも確認
  • 「アルミテープ」(セリア)※ダイソーでも確認
    • はさみ、セロハンテープをご用意ください

↓ アルミ保温シート(セリア)

アルミ保温シート

↓ 超強力マグネット(ダイソー)

超強力マグネット

↓ アルミテープ(セリア)

アルミテープ

早速つくってみよう!

水平面をつくる

  1. メジャーで室外機水平面のサイズを測ります
  2. 「アルミ保温シート」をサイズに合わせて切ります
  3. 「超強力マグネットミニ」をバランス良く配置し、セロハンテープでとめます
  4. 磁石で室外機に留めておわり
こんな感じでOK

ホースを加工する

アルミテープを室外機のホースに巻くだけです!

アルミテープは「アルミはく」の裏面に糊がついた感じになってます。

貼ろうとするとすぐ切れちゃいますが、適当に繋ぎ合わせて貼っても正直切れ目がわからなくなります笑

※ ドレンホースがきれいな場合は敢えてこの工程を行う必要はありません

【さいごに】

「アルミ保温シート」がだいぶ余るかと思いますが、他の用途に使えますよ♪

  • 「食品庫の下敷き」
    • アルミが “地面からの湿気” をシャットアウトしてくれます
  • 「庭でモノの覆い」
    • アルミが紫外線による劣化から守ってくれます
  • 「サバイバルシート」
    • 災害グッズとしてとっておくのもGood!

いかがでしたでしょうか?

アルミはお掃除もラクですし、アルミさまさまですね笑

エアコンが家の中で最も電気使用量が多い」といわれていますので、省エネ対策は効果大です。

ほんのちょっとのDIYで出来ますから、ぜひお試しあれ!!

↓ 「ベランダ掃除」の手順を画像つきで紹介した記事はコチラ。

↓ 「DIYエアコンお掃除」の記事もぜひご覧ください。

・・ダイソー×アルミで究極エコ対策!!