X(twitter)で毎日情報発信中!お見逃しなく⇒
掃除

【時間半減!】ラクすぎる食器洗い

お皿
seikatsu_bigaku

こんにちは!

お掃除ブロガーの深田彩人です。

今回は、筆者が普段実践しているオススメの手洗い法を紹介します。

それは【究極の手洗い = “お湯だけ洗い”】です。

「えっ、洗剤を使わないでいいの ?!」と思いますよね。

いいんです!

台所用洗剤はもう買う必要なくなります。

ホントに~!?

テキトーな事言ってんじゃないわよ。

疑うのも、もっともです。

「食器は台所用洗剤で洗う=常識」となっていますから。

ただ、

もし本当に台所用洗剤を使わないで済むのなら、こんなラクなことはないのではないでしょうか?

結論を述べます。

食器汚れの約90%は熱湯で落とせる

約10%落ちない部分があるのは、台所用洗剤でも同様

つまり、「湯洗い」と「洗剤洗い」は同等の洗浄能力をもつということです。

そこで本記事では、

「台所洗剤のデメリット」と「具体的な湯洗いの実践法」を解説します。

台所用洗剤のデメリット

有害性

台所用洗剤には合成界面活性剤・安定化剤などの、

人体に有害な化学物質が含まれています。

実験室

完全に流しきれていなかった場合、

化学物質が人体に取り込まれてしまうことになります。

コスト・買い替えの手間

言うまでもないですね。

一方、湯洗いならガス代のみで済みます。

時間がかかる

「洗剤」洗いでは、

「予洗い」⇒「洗剤洗い」⇒「すすぎ」

という3つのアクションが必要です。

一方、湯洗いは、

「湯洗い」

でおわり。

もし1アクションで済むなら、もの凄いラクそうね・・・

使用水量も少なく済み、水道代の節約になります!

お湯は50℃以上にする

注意点として、お湯の温度は50℃以上にしてください!

(給湯器の最高温度は60℃が多いかと思います)

タンパク質汚れ、油汚れは50℃以上の高温でないと、なかなか落ちません。

「油分を伴わない汚れ」でしたら40℃程度で大丈夫です。

もちろん、よほど訓練された達人でない限り、素手で「湯洗い」はできません笑

ゴム手袋着用は必須です。

※ 薄手タイプだと熱いので、中厚手以上のモノを選びましょう

ゴム手袋

「湯洗い」の実践

洗い方

お湯を流しながら、スポンジやブラシで汚れをこすっていきます。

ブラシスポンジ
汚れ落ち
手の熱さ×
ブラシとスポンジの比較

頑固な汚れには

  • 「こびりついた油汚れ」
    • ヘラで大まかに削ってから、スポンジ洗い
  • 「ステイン(着色よごれ)」
    • 「キッチンハイターキャップ一杯」とお湯でつけ置き

ヘラはプラスチック製のが百均に売っているよ。

実はお湯って「つけ置き」にも効果的なんだ。

洗剤のはたらきを活性化させるよ。

Excellent !!
Excellent !!

食洗機の前洗いにもOK

食洗器

もちろん、食洗機の前洗いにも「湯洗い」は活用できますよ。

嬉しいオマケ

排水溝・配管のカビが消える

排水溝と排水管内のカビを、熱湯の排水によって死滅させることが出来ます

洗剤だと、残った洗剤成分を栄養としてカビが発生する原因となる。

サルモネラ菌の抑制が出来る

配管内に熱湯を継続的に流すことによって、食中毒の一種であるサルモネラ菌の発生を抑えることが出来ます

以上、

本記事では、ラクすぎる「湯洗い」を紹介しました!

筆者も湯洗いを実践して5年以上経ちますが、非常に快適です。

もちろん、体調を崩したこともないですし、食器もキレイに保たれています。

ぜひお試しくださいね。

今日のビガク

・「湯洗い」は時短・節約に超絶効果を発揮する!

ブロガー紹介
深田彩人
深田彩人
おそうじブロガー
ハウスクリーニング〜飲食店の厨房〜コンビニの再生クリーニングまで幅広く経験。 簡単に手に入るモノで、「安く・速く・キレイに!」がmyテーマ。 X (twitter)で毎日、ぜったい役立つ知識・発見、ポスト中。 【プロフ画像クリックでフォローできます】 " 今すぐ" フォローで最新情報をお見逃しなく。
記事URLをコピーしました