【ダイソー】見つけた! 浴室掃除・補修の便利グッズ

2020年9月29日
掃除

浴室の画像

こんにちは!

深田彩人です。

今回はダイソーで見つけた便利グッズを3つ紹介したいと思います。

この3つで、

  • 毎日の浴槽そうじ
  • カビの生えた目地(シール)の補修

がとても快適に行えますよ♪

スポンジブラシとは?

バススポンジ

浴槽にはこのような「スポンジブラシ」がオススメです!

(スポンジ×ブラシという斬新な発想…)

なぜスポンジブラシがオススメかというと、

【メリット1:傷がつきにくい】

よくある「浴槽用のスポンジ」や「ブラシ」って固いですよね?

(浴槽用スポンジの片面は固く出来ていることが多い)

浴槽の材質が「人造大理石」ならまだしも「FRP」だと傷を付けてしまいます。

【人造大理石】

・高級タイプ

・触った感じが固い(内部が空洞でない)

・FRPよりは傷に強い(でもプラスチック)

【FRP】

・安価

・内部が空洞(コンコン叩くとわかります)

・傷がとても付きやすい

傷が出来ると、そこに汚れがずっと付くようになります。

ですので、

やわらか〜くブラッシングできるスポンジブラシ

がオススメなのです。

【メリット2:浴槽に入らず掃除できる】

浴槽に入らず掃除

柄が長いので、わざわざ浴槽に入らずとも掃除できます

面倒くさがりな方には地味にダイジなことですね。

(腰が悪い方にはオススメしません)

PVAスポンジとは?

突然ですが、あなたは「掃除した後の浴槽」「壁」「床」「水栓金具」のふきとりをしていますか?

拭き取りをすることで、以下の効果があります。

カルキの防止

床や壁が “白” の場合は目立ちませんが、水栓金具が真っ白になるのは「ふきとり」をしていない事が原因です。

※ たまに「乾燥機をかけて水分を蒸発させている」という方がいますが、カルキは拭き取らないと残ってしまいます

カビの防止

湿気がいつまでも浴室に溜まらないので、カビがぐ~~んと生えづらくなります。

(カビ防止の噴霧機も不要に!)

ライちゃん
ライちゃん

でも、タオルなんまいもつかいたくないよ

安心してください!

【PVAスポンジ】一枚あれば、浴室ぜんぶ拭き取れます!

↓ さまざまな名称で売られていますが、”洗車マニアなお父さん” には馴染みのアイテム笑

PVAスポンジ

↓ 乾くと焼海苔みたいに固くなる

必ずたっぷり水を含ませ、柔らかくして使います。

固くなったPVAスポンジ

↓ ぐんぐん水をすいとる・・・!!

水を限界まで含んだら絞ることで、また吸水力が復活!

浴槽をふきとるようす

↓ (洗い物の拭き取りにも応用可)

コーヒーカップをふきとるようす

目地の補修はムズかしくない!

カビが生えてしまったり、経年変色してしまった目地は、もうキレイには戻りません…

※ 補修(交換)が必要

でも安心してください!

ダイソーで簡単補修グッズを見つけました♪

↓ コレがあればプロ用の道具を揃える必要ナシ

シリコーンダイソー製

↓ 別に用意するものはコレだけ

コーキングで用意するもの

【用意するもの】

● マスキングテープ(幅がある方がよい)

● コーキング用ヘラ(ホームセンターで¥100程度で買える)

 ※ 幅は10mmがよい

● カッター

↓ 【1.カッターで既存の目地をできるだけ切り取る

カッターで目地を切り取り

↓ 切り取りました

切りとれた目地

↓ 【2.まっすぐマスキングテープを両側に貼る

マスキングテープを貼る様子

↓ 【3.補修材をたっぷり付けていく

目地材をつける様子

↓ 【4.ヘラでならす[均等な力で一回]】

ヘラでならす

↓ 【5.乾く前にマスキングテープをはがす】

マスキングテープをはがす

↓ 完成!!!!

完成したようす

ムズかしそうに見えるかもしれませんが、意外と楽しいですよ♪

(失敗してもカッターで切り取ればいいんです)

画像の箇所で、掛かった時間はわずか15分です!

いかがでしたでしょうか?

【毎日のそうじがラクになる便利グッズ】

【業者を頼まずにできるDIY目地補修】

をご紹介しました。

すべて百円で揃うモノですので、やってみて損はないはず笑

ぜひお試しあれ!!

・浴室メンテは百均で問題ナシ!