無印モップを活用「ホコリとり最強アイディア」

掃除
無印のモップシリーズ

こんにちは!

深田彩人です。

ホコリはどうしてあんなにふわふわ~っと飛んでいってしまうのでしょう?

また毎日絶え間なく湧き出てくるのもイヤですね。

このようなホコリとりには【効率のよい掃除法】が必要不可欠!

ホコリを「ズバッと」からめ取り、かつ時短にもなる掃除法があれば最高ですよね?

そこで本記事では、オシャレな【無印モップ】を活用した「せいかつビガク流ホコリとり法」をご紹介します!

“モップ” の魅力とは?

モップといえば、かわいさは勿論のこと、実は機能性においてもスグレモノ!

ライちゃん
ライちゃん

ロボットそうじきのほうがいいんじゃない?

いいえ!

知っていましたか?

ロボット掃除機は電力をたくさん使うだけでなく、ホコリとりには向いていません!

【理由】

「ロボット掃除機の排気口」は床面スレスレにあります。

この排気口から出た空気が、床のホコリを舞い上げてしまうのです!

(舞ったホコリは何時間も空気中を漂いつづける)

だから、ロボット掃除機を使った後の床って、いまいちホコリがとれていないんですね。

いっぽう【せいかつビガク流掃除法】なら、ホコリを舞い上げずに掃除できます!

【無印モップ】が優れている理由

ダントツの使いやすさが理由です!

(デザインも素敵!)

↓↓ オシャレな柄(木製)の先端はこのようになっている

モップの柄

なんと柄の先端を、

  • 【乾拭き用マイクロファイバー】
  • 【水拭き用マイクロファイバー】
  • 【ハンディーモップ】
  • 【ドライ(ウェット)シート】

の4種類で付け替えできるのです!!

Excelleーnt !!

↓↓ このように収納してもオシャレです♪

モップ先端収納

↓↓ 【乾拭き用】で掃除しているようす

乾拭きしているようす

↓↓ 【ハンディーモップ】で高い所の掃除もできる!

冷蔵庫の上を掃除しているようす

※ ちなみに水回り用の【デッキブラシ】【スポンジ】【スクイージー】も品揃えがあります

※ 専用の「立て掛け収納BOX」も売っています

(吊り下げのほうが個人的には好きですが)

魔法のスプレーを使う

ここまでだと、ただの「無印モップレビュー記事」になってしまいますね笑

しかし、ポイントはここから!

【化学モップ再生スプレー】を使用してください。

化学モップ再生スプレー
ライちゃん
ライちゃん

なんのために?

からめとった時に、ホコリがぜ〜んぜん舞わなくなるからです!

ふつう、もこもこしたモップでホコリをとろうとすると、ホコリが舞いますよね?

でもこのスプレーには【帯電剤】が含まれていて、ホコリがモップにくっついてくれるんです♪

(さらに抗菌・防カビ剤入り)

ドライシートの裏技

テレビのホコリ

ここで問題です。

このようなホコリを取る場合、あなたは何を使いますか?

  1. ハンディーモップ
  2. 雑巾 or マイクロファイバークロス
  3. 息(ふ~っと吹いて飛ばす)

「1. ハンディーモップ」

【化学モップ再生スプレー】を染み込ませればOKなのですが、家電や照明器具などは拭きづらいですよね・・・

「2. 雑巾 or マイクロファイバークロス」

同じく【化学モップ再生スプレー】を染み込ませればOKなのですが、それでもちょっと面倒くさいですね・・・

ドライシートを使いましょう!

(流動パラフィンなどの薬剤が入っていないタイプでもOK)

ドライシートで拭いているようす

ぜんぜん舞いません!

しかも、雑巾よりずっと “薄い” ので細かい部分もスル〜っと拭けるんです。

数円で家中のホコリをとれますし、使い捨てなのでとってもラク〜♪

Excelleーnt !!

いかがでしたでしょうか?

せいかつビガク流ホコリとりは「効率」×「時短」がポイント。

本記事では、それを叶える【道具】についてご紹介しました。

↓↓【掃除方法】については以下の記事が参考になります

<ホコリはどこからやってくる? 時短掃除のススメ

特に「ドライシート掃除法」は極めて手軽にできるので、ぜひお試しあれ!!

・ホコリはなんと言っても舞わせない!