【わかりやすく解説】浴室のカビ&臭いを徹底掃除

掃除
浴室の画像

こんにちは!

深田彩人です。

「臭いの原因がわからない・・・」

「カビの掃除方法を知っておきたい・・・」

「ラクにキレイを保ちたい・・・」

このようなギモンをお持ちの方に、本記事は最適です。

本記事では、筆者が “最強クラスに汚い” 浴室現場を、キレイにした流れを【画像つき】で紹介しています!

カビを落とす道具はコレ!

床面

まず、カビは塩素系洗剤である「カビハイター」などで落とします。

※ 電動式がラクです♪

↓↓ 【Before】床面にびっしり皮脂汚れが…

汚い床面

↓↓ 【1】ハイターをして15~30分放置

ハイターをした床面

↓↓ 【2】たわしでゴシゴシこする!

たわしでこすっている

【3】それでも落ちない汚れは「スチールウールたわし」でこする!

↓↓「スチールウールたわし」とはこういうのです(ダイソーにて撮影)

※ソープ付きタイプがおすすめです。

スチールウールたわし

↓↓ スチールウールたわしでゴシゴシやる

スチールウールたわしでこする

違いをご覧ください!!

【注意点】

床・壁・天井の “取り合い部” にあるコーキング(白いゴム)にカビが生えると厄介です!

「ハイター」や「ジェル」などの洗剤で落ちなかった場合、コーキングの打ち直し(業者)が必要になります。

天井・壁面

天井・壁面(高い所)は床面のようにハイターをしたあと、水で流すことができません。

(水をかけても、拭き取りが大変)

なので、「クイックルワイパーのウェットシート」にハイターを染み込ませて拭きます

(ぞうきんでもOK)

※メガネ・マスクは必ず着けて!

↓↓【1】ハイターをウェットシートに吹きかける

ハイターをウェットシートに吹きかけている

↓↓【2】拭いて15~30分放置

天井を拭いている

【3】水拭きで洗剤分を落とす

ずっと放置しておくと素材を痛めますので、水拭きで仕上げます。

新しいウェットシートで【2度拭き】しましょう。

(水洗いして絞れば1枚で済む)

ハイター拭きで落ちなかったら

ハイター拭きで落としきれない汚れは【レベル2】の手段です。

「ジェルタイプ洗剤」で汚れをしっかり分解しましょう!

↓↓ こういうのです。

(これなら洗剤が垂れてきません)

もし「ジェルタイプ洗剤」でも落ちなかったら【レベル3】です。

メラミンスポンジでこすり落としましょう!

排水溝

あなたは「排水溝の掃除」をどれくらいのサイクルで行っていますか?

理想は、

  • 「髪の毛の除去」・・・毎日
  • 「トラップの掃除」・・・少なくとも一週間に1回

です。

実は、浴室の「臭い」の原因のほとんどは「排水溝」です

(換気扇フィルタそうじも重要)

そりやそうですよね。

シャワーや浴槽で洗い流した「皮脂汚れ」や「髪の毛」が、全てここに溜まるのですから…

ちなみに、排水溝の “固まったカビ” にはヘラが有効です。

※ 閲覧注意 ※

↓↓ わりとカンタンに削れます

(無印の「隙間掃除シリーズ・ヘラ」を使っています)

ヘラでカビを落としているようす

次に、排水溝トラップには「曲がったブラシ」が便利です。

↓↓ こういうのです。

排水溝ブラシ

↓↓ ホームセンターの工具売り場でも手に入ります。

床と同様に、ハイターを吹きかけて掃除しましょう!

ラクにキレイを保つ秘訣

カビは “生ぬる〜い暖かさ” が大好きです。

しかし “アツアツの熱湯” は大の苦手です。

やることは至ってシンプルです。

【浴室から出る時】

1.シャワーで「60℃の熱湯」を床にまきます

(これだけでカビはかなり死滅します)

2.シャワーを一番冷たくし、床にまきます

( “生ぬる〜い暖かさ” を予防します)

※ 必要に応じてスリッパを用意

これならみんな協力してくれそうですね♪

いかがでしたでしょうか?

頑固なカビの落とし方をご紹介しました。

※毎日の浴室掃除については、以下の記事が参考になります。

<浴室で実践 “シンプルすぎる時短掃除”

高価な道具は必要ないので、ぜひお試しください♪

・カビ落としの労力は最小限にする!