リビングのキッズコーナー快適設置アイディア♪

インテリア

遊ぶ子ども

こんにちは!

深田彩人です。

キッズコーナーに興味はおありでしょうか?

子ども部屋と違い、リビング等どこにでも設置できます。

また手軽に作れるのも特徴です!

未就学児(小学校以前)には、キッズコーナーがあるととっても便利。

本記事ではキッズコーナーの[作り方]〜[オススメ商品]まで紹介しています。

キッズコーナーの作り方

おもちゃはキッズコーナーに収納

プラレールで遊ぶ子ども

まず、キッズコーナーには【子どものおもちゃ】を収納することが大切です。

おもちゃがキッズコーナーにあることで、子どもが自然とここで遊ぶようになります。

するとどうでしょうか?

子どもの遊ぶ場所が “こちらの都合” で決められるので、管理しやすいですね!

(幼児からは目が離せないので【見やすい場所】に)

オススメ場所は「キッチンから見える窓辺」

シェード越しの窓

「キッチンから見える窓辺」がベストな場所です!

ここに設置できるよう、検討してみてください。

【なぜ「キッチンから見える場所」?】

主婦の方にとって、たいていキッチンが “最も多くの時間を過ごす場所” だからです。

ライちゃん
ライちゃん

せのたかいかぐをあいだにおかないようにね

【なぜ「窓辺」?】

言うまでもなく、子どもの発育に日光が重要だからです。

(もちろん直射日光はダメ)

また明るいと【視認性】がUPするため、毎回のチェックがラクになる効果も。

ライちゃん
ライちゃん

トイレからちかいのもだいじだよ

キッズコーナーにおすすめのモノ

「プレイマット」

床はとうぜん “フカフカ” している必要がありますよね?

筆者がおすすめするのがプレイマットです!

( “フカフカさ” トップレベル & 楽しい)

↓ こういうの

プレイマット

プレイマットの端に「ベンチ」の付いているタイプも便利ですよ♪

(親が一緒に座ってあそびやすい)

【プレイマットじゃなきゃダメなの?】

1.「カーペット」

・子どもが飲み物をこぼしたときの拭き取りがたいへん

・あまりフカフカしてない

2.「ジョイントマット」

↓ ニトリにて

ジョイントマット

ビニール(プラスチック)製なら及第点です。

※ 表面の形状に注意してくださいネ

 「凹凸あり」・・・すべりにくさ(安全性)重視

 「凹凸なし」・・・掃除しやすさ(清潔さ)重視

お値段は若干張りますが、【安全性】【子供の楽しみ】を重視するなら「プレイマット」が一番です!

「オープンラック」

おもちゃの収納には「オープンラック」がおすすめです。

オープンラックを “壁” にして他の空間と区切りましょう。

(2~3面で囲うイメージ)

ただし「カラーボード」はオススメできません!

なぜなら【裏面がとにかく醜い】からです笑

(見通しが悪くなる意味もアリ)

オープンラックなら、おもちゃを並べても “サマになり” やすいです

(子どもが進んで片付けたくなるかも!?)

棚に飾ったおもちゃ

↓ 並べきらないおもちゃは、このようなBOXに入れて貰うとGood

収納BOX(ラタンなど)

オシャレな籐かごなら、リビング側から見えても気になりませんね!

いかがでしたでしょうか?

充実したキッズコーナーがあれば、お子様も大満足!!

また、就学時まで「空いた子ども部屋」を有効に使えます♪

ぜひお試しあれ!!

・キッズコーナーを作って【快適育児】を実現!